うどんのカロリーと糖質はそば・そーめんより低い!は本当か?





こんにちは!

貧乏サラリーマン、まあとです。



あなたは「うどん」が好きですか?


私は「うどん」が大好きなんですよね~。

なので今回は、「うどん」のカロリーと糖質を調べてみました!


私は昼に100円のカップラーメンやうどん、そばといったカップ麺を食べており、カロリーを掲載しています。

また、カップラーメン、ビール、たこ焼き、そばやそーめん等のカロリー記事もUPしているのですが、反響が凄いんです!

反響が凄いのは嘘だろうけど、カロリーに興味ある人は多いわな。


。。。


そ、そうです!

かなりカロリー情報に興味を持っていただいているんですよね。


私のような貧乏人には、カロリーより価格のほうが大事なのですが、カロリーを気にしている「あなた」のお役に立てればと思い、今回はうどんをテーマにして調べました!

まあ、ただ単純に、私がうどんが好きだからっていう理由もありますが。。


ただ、うどんといえば、そばやそーめんといった他の麺類よりも、カロリー糖質が低いのかも気になりますよね?

ということで今回は、

  • うどんのカロリーと糖質は高いのか?
  • そば、そーめんのカロリー・糖質と比較してみた!
  • 「富士そば」でうどんとそばのカロリー・糖質を比較してみた
  • 太りにくいのはうどんとそばのどっち!?



以上の内容をお伝えします!


うどんのカロリーと糖質は高いのか?

うどんてカロリー低いって言われてるけど、実際どうなんだろ?



そうですね!

うどんってヘルシーなイメージですが、では実際に「文部科学省 日本食品標準成分表」を見てみましょう!

参照:文部科学省 日本食品標準成分表

そうそう、やっぱり細かいデータがいいよね。。

て、小さすぎて見えねぇっつーの!
このくだり、”そば” の時もやっただろが!!



えへへ。

関西人のお約束ですな。。


では、簡素化しますね。



ゆでるとカロリーは大幅に減少していますが、g数は増加します。(100gを茹でると300g近くになります)

少し分かりづらいので、オレンジの「乾」を参考にしてください。


うどん1人前100gで、カロリーは348kcal 、糖質は67.1gとなっていますが、これは多いのでしょうか?

ちなみに「厚生労働省 日本人の食事摂取基準」で1日の摂取カロリーの目安を見てみますと、

  • 30歳~49歳 男性の目安は、2,650kcal
  • 30歳~49歳 女性の目安は、2,000kcal



となっております。

そして、糖質の1日摂取量は、成人男性330g成人女性270g となってるんですね。

じゃあ、うどんはやっぱりカロリー、糖質も低いってことか。。



確かに、うどんのカロリー348kcal と、糖質 67.1g は少なく感じますね。


ちなみに白米のカロリーは、

  • 小盛り(120g) 200kcal
  • 普通盛り(150g) 250kcal
  • 大盛り(200g) 340kcal



となっており、大盛ごはんとうどんのカロリーが同じぐらいになります。


では、他の食材である、そばやそーめんはどうなのでしょうか?

比較してみましょう!


そば、そーめんのカロリー・糖質と比較してみた!

うどんとそばって何かと比較されますよね!

どっちの方が美味しいとか好きだとか、カロリーまで比較されたらたまったもんじゃないですね、うどんもそばも。。

そーめんも入れてあげて、お願い。。



では、そーめんも加えて比較してみましょう!

あれ?
どれもあまり変わりねーな!



そうなんですよ。

乾麺の状態だと、どれも大して変わりません。

でも、調理した場合どうでしょうか?


分かりやすいように次に、「富士そば」のうどんとそばで比較してみますね!


そーめんは・・?

丸亀製麺とはなまるうどんのカロリーを比べてみた



先ほどのデータで、うどん 100gのカロリーは 348kcal、糖質67.1g だと分かりました。

ただ、このカロリーと糖質は、麺を茹でただけで調理してないため、調理した時のカロリーを考慮する必要があります。


糖質の詳細は分かりませんので、カロリーだけになってしまいますが、「丸亀製麺」と「はなまるうどん」を比較しながらみてましょう。


「丸亀製麺」は私も好きでよく行くのですが、美味しいですよね!

ちなみに「丸亀製麺」は一時期、売上を落としていたのですが、”あること” を行うことで売上を回復させました。

要因は何だと思います?

う~ん、CMに有名な女優を抜擢したとか?

イラッ。
じゃあ、割引券を配りまくったとか?

ぼ、ぼく~、バカはちょっと言いすぎじゃないかな?
おっちゃんの心、傷つきやすいからやめてね。。



実は、丸亀製麺は以前は限定メニューばかりを店頭やCMで打ち出していたんですね。

でも、麺本来のこだわりや製法、店頭で粉から作るという、他大手チェーン店にはない強みを打ち出したのです。

限定メニューは他店でも真似できますが、麺のこだわりや店頭で粉から作るということは、セントラルキッチンが主流である大手では真似できません。


つまり、他店との差別化ですね!

差別化はビジネスモデルが・・

もういいって!
ウンチクはいいから、さっさと話を進めろ!
すぐにマーケティングの話に持っていきやがって。。



ちっ。

せっかく盛り上げってきたのに。。


では、「丸亀製麺」と「はなまるうどん」を比較してみましょう!


少し丸亀製麺のほうが全体的にカロリーが高く感じられますが、だいたい同じと言っていいのではないでしょうか。


ちなみに丸亀製麺の並とはなまるうどんの小が同じぐらいの量と言われていますので、はなまるうどんが小だからといってカロリーが少ないわけではありません。

ただ、はなまるうどんの小の方が丸亀製麺の並より、少しだけうどんの量が少ないのかもしれませんね。

では、次に「うどん」と「そば」を比較したいのですが、丸亀製麺もはなまるうどんも「そば」は置いていませんので、比較できないです。


違う店のうどんとそばを比較しても作り方が違う可能性があるので、同じ店のうどんとそばで比較する必要があります。

なので、分かりやすいように「富士そば」のうどんとそばで比較してみますね!

あ、、そーめんは・・?

「富士そば」でうどんとそばのカロリー・糖質を比較してみた



では、イメージがしやすいように、同じ店での「うどん」「そば」のカロリー・糖質を見てみましょう!

いろんな店がありますが、有名な「富士そば」を選びました。


シンプルなうどんは、そばよりもカロリー、糖質ともに低いです。


ただ、「ほうれん草うどん」や「わかめうどん」が「そば」よりカロリーが高くなるってどういうことなんでしょうかね。。

味付けの問題でしょうか?


味付けに関しては、富士そばに直接聞くしか解明できないでしょうが、「もりうどん」「かけうとん」が「もりそば」「かけそば」より数値が低いので、

「うどん」は「そば」よりもカロリー、糖質共に低い



と言っていいと思います!

う~ん。
なんか、根拠が薄くて納得いかねーな。。



となるような気がしたので、もう少し詳しく説明しましょう!



なぜ、調理すれば、そばよりうどんの方がカロリー、糖質共に低くなるかというと、そばよりもうどんの方が水を吸収しやすく、100gあたりの水分の割合が多くなり、粉の割合が少なくなるからです。


そして糖質ですが、そばとうどんの材料である、そば粉と小麦粉を比較した場合、そば粉は小麦粉よりも食物繊維やたんぱく質を多く含んでいるため、本来はそばの方が糖質は低くなるんです。


下表をもう一度見ていただきたいのですが、乾麺の場合、糖質はうどんの方が結構高くなってますよね。



ゆでた場合、まだ「うどん」の方が「そば」より糖質が高いのですが、表は100gの数値です。

そして、並のうどんなら200g以上あるので、水分を多く吸収する「うどん」の糖質が逆転し「そば」よりも低くなるというカラクリであります。

なるほど。
うどんの方が水分の吸収割合が多く、粉の割合が少なくなるからか。。



そうなんです。

なので、同じg数であれば、「うどん」は「そば」よりもカロリー、糖質共に低いということが分かっていただけたと思います!

そばのカロリー、糖質や栄養素について詳細を知りたい方はこちらの記事「そば(蕎麦)のカロリーと糖質は意外と高い!富士そばで確認してみた話」でご確認ください。


太りにくいのはうどんとそばのどっち!?



最後に、結局太りにくいのは、「うどん」「そば」のどっち?

ということに行き着くのですが、結論から言えば、、

そばの方が太りにくい!



ということになります。

うどんの方がカロリー、糖質共に低いのに?



そうなんですよね!

カロリーと糖質だけを比較すると、「うどん」の勝ちなんですが、太りにくいというと別なんです。


理由は、うどんは非常に消化が良い食べ物であり、それはいいのですが、その分、そばよりも腹持ちが良くないため、すぐにお腹がすいてしまうんですよ!

また、そばは食物繊維が豊富で腹持ちが良いこと、プラス栄養素がうどんよりも多いため、そばの方が太りにくいと言えます。


そばのカロリー、糖質や栄養素について詳細を知りたい方はこちらの記事「そば(蕎麦)のカロリーと糖質は意外と高い!富士そばで確認してみた話」でご確認ください。

じゃあ、うどんは食べるなってこと?



そうではない!


うどんはうどんで普通に楽しめばいいじゃないですか?

そばのほうがうどんより太りにくいからって、そばばかり食べるわけにもいきませんし。。


うどんは美味しい!

そして消化に良い!

しかも安い!!


貧乏人の私には、ありがたい食べ物なんですよ。


もし、うどんでカロリーが気になるのであれば、うどんにセットとしてご飯を一緒に食べるのではなく、天ぷらを添えればいいと思います。

揚げ物もカロリーは高いんですが、ご飯よりカロリーは低く、トッピングが色々と変えれるので飽きないのが良いですね。



なので、「うどん」も「そば」も楽しみましょう!


以上です。

そ、そーめん君の存在がないまま終了。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA