コロナと貧乏 新型コロナウイルスは貧乏人を殺す!





こんにちは!

コロナコロナ、コロナ!

最近、コロナの話題にうんざりの貧乏人、まあとです。


自粛がどうとか言われてますが、はっきり言って貧乏人には関係ない、というか選択肢はないんですよね。

経済を止められたら貧乏人は死ぬ。

死ねと言ってるも同然なんですよね。


薄給料で毎月ギリギリの生活をしているため、余裕もなければ貯金もない。

自粛要請が出て経済を止められたら補助金も知れてるしずっと出るわけでもないし、そのうち給料が下がったり、解雇されるかもしれん。


アメリカでもブラジルでもそうですが、スラム街は経済を止めたら死ぬので、自粛なんてしてられない。

なので、貧乏人の私は自粛なんて必要ないと思っているし、外食や旅行に行ってでも経済を回したい、回して欲しいと思っているんですよね。

そもそも、禁止もされていないのに、なぜ旅行に行って非難されるのか?

もちろんマスクとか消毒等、最低限の予防は必要だけれど、なぜ世間は非難するのか。


理由は、「コロナ感染が増えたらどうするんだよ!これ以上増えたら困るからやめろ!」というもの。

これは自粛派からの意見。


でも、自粛反対側からすれば、「日本経済が沈没して不景気になったり増税されたら、おめぇが金払ってくれるのか?会社が倒産したらどうしてくれるんだよ!」

私もこの意見。


まあ自粛派も自分の会社がやばくなったら意見が変わるだろうね。

安全なとこから意見を言うのは、腐った政治家と一緒。


なので、コロナ被害とは無縁の自粛派とコロナ被害の当事者である反自粛派との意見が合うことはない。

所詮、自粛派はコロナで経済悪化は他人事。


そんな当事者でない人の意見は無視して、私は禁止されない限り経済を回していこうと思う、今日この頃です。


でないと貧乏人はコロナの前に貧乏で殺されちゃうからね。


また、下の記事も読んでみてください。

過去の話になりますが、私の本音の叫びが聞けますよ。(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA