カップラーメンは体に悪いというのはうそ!?他の食事と比較してみた【カップラーメンブログ】






こんにちは!

貧乏サラリーマン、まあとです。



カップラーメン(カップ麺)てよく体に悪いと言われてますよね。

あなたも本当だと思います?


そりゃカップラーメンは体によくないっしょ!
食べ過ぎるとやばいイメージだし。



ほんとに?

なぜ?


そりゃー、塩分多いし、変な添加物も使ってるだろうよ。
別に調べたわけでもないけど。。




なに~?


そうでした。
ごめんなさい。。



そう!

勝手なイメージで物事を判断することはよくありません。

真実が見えなくなりますからね。。


そして、

カップラーメンが体に悪いというのはうそ!

ほんとかよ?
証拠でもあんのか?



ある!

今回は私がコンサルタントになったつもりで、お話をしていきましょう!


ということで、

  • カップラーメンはなぜ体に悪いのか
  • カップラーメンは本当に塩分が多い?
  • 外食は塩分控えめで安心?
  • カップラーメンの添加物はやばい?



以上のことをお話していきます!


“貧乏サラリーマン” の私はあまり気にしない、というか、気にしても金がないという現実なのですが、一生懸命解説していきますね!


カップラーメンはなぜ体に悪いのか


世間でよく、カップラーメン(カップ麺)は体に悪い、というイメージがはびこっていますよね。

なぜ、そんなイメージがあるのでしょう?


まずは、その悪いイメージが何かを洗い出しましょうか!


なんか、コンサルみたいな口調だな。
調子に乗るんじゃねーぞ?

その態度が調子に乗ってるんだよ!



まあ、ともかく、カップラーメンで体に良くないと言われる原因は、先ほど「いとこのゆたか」が言った、

  • 塩分
  • 添加物



が主な理由だと思います。

なので、この2つが本当にカップラーメンの悪の根源なのかを調べてみました!


カップラーメンは本当に塩分が多い?



カップラーメンは塩分が多い!

と思われがちですが、本当にそうなのでしょうか?


まず、一般的な平均の塩分摂取量を見る必要がありますね。

世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムとしており、米国では心血管疾患の予防のためのガイドラインは、塩分の最大摂取量が1日3.8~6.0グラムとなっています。

厚生労働省の平成30年の国民健康・栄養調査結果では、日本国内の食塩摂取量の平均値は 10.1g 、男女別にみると男性 11.0g、女性 9.3g であり、10年間で減少傾向なんですね。

参照: 「厚生労働省」平成30年国民健康・栄養調査結果



つまり、世界的に見たら日本人の食塩摂取量は倍ほど多いんですね。

そして、厚生労働省の食塩摂取基準は、

男性7.5g未満、女性6.5g未満



となっているんです。

なので、この数値を基準にすればいいと思いますね。


7.5g未満にした方がいいっていうのは分かったけどよー。
どの食べ物にどれぐらい入ってるかが分かんねーんだよな。。



ですよね!

なので、下記の表を見てください。

参照: 医療基盤・健康・栄養研究所

この表は分かりやすいな!
で、やっぱりカップラーメン、インスタントラーメンがダントツじゃねーかよ!



確かに上記の表を見れば、カップラーメンやインスタントラーメンは塩分が多いと言えます。

しかし、表の塩分は、汁を全部飲み干した時の数値です。


そして、カップラーメンの塩分比率は、

麺:スープ = 1:2

となっています。


つまり、塩分の2/3がスープに含まれているため、塩分を減らしたいのであれば、スープを残せばいいんです。

なので、スープを半分残せば、約30%ほどの塩分をカットでき、

5.5g × 0.7 = 3.85g


となるんです!

う~ん。
それでも多くね?



確かに少なくはないですが、カップラーメンの塩分は自分である程度、調整できますし、毎日食べないのであれば、特に問題ないと言えるでしょう。

あれ?
おめぇ、確かほぼ毎日食べてるじゃなかったっけ?
しかもスープは2/3は飲んでるよな?

この子が誰か知らんけど、バレてるって。。




そうなんです!

私は、実際に10年以上、ほとんど毎日カップラーメンを食べています。

しかも、スープは残しているとは言え、ある程度は飲んでいます。


でも!


私はすこぶる健康ですし、血圧は高くなく、むしろ少し低いです。

つまり、カップラーメンは塩分が高くないという証拠は、カップ麺を食べまくっている私なのでした!


う~ん。
納得できるような、できないような。。
でも、外食にしといた方が無難じゃね?



外食するほどの金が私にはない!


そうでした。。
すんまそん。



でも、ほんとに外食は塩分控えめなのでしょうかね?

では、次に外食のメニューを見てみましょう!


外食は塩分控えめで安心?

まあ、俺は健康に気を付けて、外食にしてるから大丈夫!



ほんとにそう?

外食なら塩分少なめ?


では、代表的な外食チェーンのメニューを少しみてみましょうか!


◆マクドナルドメニューの塩分



代表的なメニューは、やはり、「ビックマック」ですね!

ビックマックの塩分は、、

3.4g !!

げげ!
マジで!?
俺、たまに食うけど、カップラーメンのスープ半分残しの塩分とほぼ一緒じゃねーかよ!!



そして、セットやサイドメニューを入れようものなら、、

  • チキンフィレオ:2.9g
  • マックフライポテトM:1.1g
  • チキンマックナゲット(5ピース ):1.3g
  • マスタードソース:0.4g



なんと合計で、、

5.7g!!


まさに、そのセット、俺が昨日食べたヤツ。。
カップラーメンよりも塩分多いじゃねーかよ。



まあ、チキンフィレオは塩分が高い部類ですね。

てりやきバーガーだと、1.9gなので、少し抑えられますが、やはりマクドナルドは塩分高いイメージがそのまま当てはまりそうです。

まあ、、
マックは極端だし。
俺もたまにしか食べないから。。



では、次を見てみましょう!


◆ガストメニューの塩分



ガストのランチも安くていいですね!

それでも私にとっては高いので行きませんが、あなたは行きますか?

ま、まあ、、
セレブの俺が行くところではないんだけど、ガスト近くにあるし、手っ取り早くて楽なんだよな。。
でも、嫌な予感。。



ではメニューをを見てみましょう!

  • 日替わりランチ(てりタルチキン&白身魚フライ ):3.9g
  • 牛カルビのサラダ仕立て定食ランチ :3.7g
  • アボガドハンバーグ :3.4g
  • 生ハムのシーザーサラダ :2.0g
  • 寄せ豆腐のサラダ :1.5g



結構高いものが多いですね!

もちろん上記より塩分控えめなメニューもおおいですが、これにお味噌汁が加わると(約1.5g)、、


これはマズいぞ。。
ま、まあ、、
ガストも塩分高めの部類だろうし、和食みたいなあっさりとしたものなら大丈夫だろ。。



では、最後に和食を見てみましょう!


◆家族亭メニューの塩分

やっぱり、昼は和食だよな!
特にうどんやそばと丼セット、さいこ~。



和食、特に「いとこのゆたか」が言うように、お昼にうどん、そば、丼セットを食べるのはもちろん、出前をとる人も多いですね。

あなたもよく行きませんか?


では、見ていきましょう!

参照: 家族亭 栄養成分・アレルゲン一覧表

ま、まじか。。
めちゃくちゃ高いじゃねーかよ。
これに丼をプラスしたら、死んじゃうかも。。



これで分かっていただけたでしょうか?


もちろん、外食でも塩分控えめメニューはいっぱいあります。

しかし、上記のような外食メニューは結構ありがちですし、特に、うどんやそばは多いのではないでしょうか?


なので、カップラーメンの方が塩分がマシだったりもするんです!


ま、まあ、、
塩分に関しては認めるけど、添加物はやべーだろ?



では、次は添加物の話をしますね!


カップラーメンの添加物はやばい?



カップラーメン(カップ麺)は変な添加物が入っていて危険だ!

なんて話もよく聞きます。

そうだよ!
カップラーメンの添加物はやばい!
塩分では負けたけど、添加物では負けん!



ふふ。

はたしてそうかな?

実は、カップラーメンやインスタントラーメンに使用される添加物は、厚生労働省の厳しい審査をクリアし、食品衛生法で安全」と認められたものに限定されているんです!

しかも、JASマークがついている、ほとんどの製品では、添加物の基準がより厳しいんですね。



そして、添加物のほとんどが天然成分が多く、例えば、麺に含まれる「酸化防止剤」は、ビタミンE・大豆油 等を使っています。


なので、添加物に関してもあまり気にする必要はないんです!


まいりました。。

最後に




いかがでしたでしょうか?


今回は、「カップラーメン(カップ麺)は体に悪いというのはうそ!?」ということで、本当に塩分が多く、悪い添加物を使っているのかを検証しました。

結果、

  • カップラーメンの塩分は確かに多い
  • スープを残す等で調整できる
  • 外食で特にうどんやそばはカップラーメン以上の塩分があるのもある
  • カップラーメンの添加物は厳しい基準がある



ということが分かりました。


なので、カップラーメンは体に悪いというのはうそです!

と、私は判断しました。


なぜなら、カップラーメンが体に悪いと言ってしまうと前述したとおり、塩分が同じぐらい多いうどんからそば等、体に悪いものだらけになってしまうからです。


カップラーメンは体に良い食べ物とは言えませんが、悪いとも言えませんし、食べ方の問題です。

体に良いからと言って、毎日3食、野菜のみでも体には良くありません。


ようはバランスですね。


昼ごはんにカップラーメンだけでは栄養の偏りがある!

でもそれは、パンでもおにぎりだけでも一緒です。


もし、栄養バランスが気になる方は、カップラーメンを食べ過ぎないようにしてください!


まあ、貧乏サラリーマンの私は食べますけどね。(笑)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA